My everyday life from Yeosu/여수/麗水, Korea.


2018/07/17

遠足



どんちゃんは「遠足」という言葉が好き。しかもよく会話の中で使われる。一週間のうち水曜日の夜から「週末の遠足、どこ行く?」と言い出し、木曜日に「週末の遠足のことだけど」と提案し、金曜日に「明日はパパとママとえんそくーーー」とハイテンションで息子を抱っこする。つまり三人でちょっとだけ遠出することが彼にとって遠足なのである。どんちゃんにとって週末の遠足こそが人生であるみたい

でも、遠足って響き、私も嫌いではなくむしろ好き。腹の底からワクワクする。最近は朝から天気が良い日が続いているので、洗濯物を干しながら遠足日和だなーと思う回数が増えたし、平日息子とバスなんかに乗ってちょこっと出かける時は「遠足だよー」と言っている。



そんな我が家の先週末の遠足は、隣町の順天市の山の中にある仙岩寺へ。ここ数年ずっと行きたかった場所の一つで、今回ようやく行けた。韓国仏教は排斥の歴史があるので、山奥にお寺があるところが多く、静かな観光名所となっている。



到着してまずは腹ごしらえ。麓にあるいくつかのお店の中から、山菜定食が有名なお店を選ぶ。川のすぐ横に広いテラス席が準備されていて、夏っぽさ満点。山菜定食はおかずが20種類以上並び、味付けも優しくなかなか美味しかった。特に唐辛子の和え物と野沢菜のキムチが美味。椎茸のジョンもふっくらしててお家でも再現したくなった。



食べたあとは車内でオムツ替えやら授乳やらをし、いざ出発。約1キロ強の川沿いを歩きながらの森林浴。木陰が気持ちいい。途中、川で涼みながらお寺へ。仙岩寺はお寺の屋根の先から見える深い緑の山と青い空が美しかった。四方を山に囲まれた静かなお寺。本堂ではソングル(五体投地)をするお婆さんたち、そして若い女の子もいた。テンプルステイをしている集団もいて、私も機会があればしてみたいなーと思った。夜はきっと星空が綺麗だろうから。息子も抱っこひもから出た足をぴょんぴょんさせながら、色々なものを眺めていた。一番テンションがあがっていたのは、私とどんちゃんが休憩がてら食べたコーヒーアイスに、だったけど。


今週はどこに行こうかな?避暑できるところがいいな。納涼もしたい。三人で遠足、今の私にとっても人生そのものな気がする。息子とどんちゃんと過ごす時間はとっても貴重たまらなく大切


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/16

きみは私ではない



赤ちゃんは生まれた時、目に見える世界は自分の一部だと思っているということをどこかで読んだ。病院の天井も看護師さんも、私もどんちゃんも全部自分。なるほど、自己がまだないから、そんな風に見えるのかと妙に納得。

毎日すごい速さで成長しながら、息子はまず自分の外枠を捉えているように思えた。自分に手がついてることに気づき、それを自分の意思で動かせることがわかり、蹴ったり寝返りを打ったりすることで、自分の重さや大きさを認識できるようになっている、ような気がする。

おそらく、すでに自分と世界は別のものだとは分かっているのかもしれない。では私のことは自分と全く別の人格であるこということに気づいているのかな?最近はそこに非常に興味が惹かれる。私やどんちゃんのことをどのように捉えているのか。

ただ、私が自分が望む通りに動かないと怒る姿を見ると、まだ自分の一部、しかもとても親しい自分の一部、だと思っているのではないかと、見受けられる。


きみは、私とは違う人間なんだよ。私ときみは全く独立している存在なの。私はきみではない。きみは私よりもずっとずっと特別で、尊くて、プレシャスな存在なの。と、毎日息子に語りかけている。


息子には私の知的好奇心を刺激させらっぱなしの毎日。育児は知的な行為でもあるから面白い。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/12

夏の散歩



ヨスに移住してから散歩が大好きになった。

読みかけの本を家から持ち出したり、今日は何を作ろうかと考えながら歩いたり、カフェでお茶をしたり。外を出歩くだけではなく、それによって得られる機会含めて散歩が好きだった。何よりも移りゆく季節を感じながら、自分を取り巻く環境の小さな変化を発見しながら歩くことがとても気に入っていた。



息子が生まれてから、ベビーカーや抱っこひもで、毎日散歩をしている。桜の蕾、花、風に舞う花びらを一緒に眺めた。雨の日は水たまりを覗いたり、曇りの日はブランコを漕いだ。薔薇の花や紫陽花、足元で忙しく動く蟻んこ、竹の中にかくれている鶯の声。時間帯によって変化する海の色。息子と散歩をしながら色々なものを一緒にしたり、見たりした



梅雨が明けた最近は、木陰に入り深く茂った葉を見上げたり、小さな丘の遊歩道を歩いている。歩きながら、妊娠中もここをせっせと歩いていたことを思い出した。その時、息子が生まれたら一緒に散歩をたくさんしたいと思ったんだったすっかり忘れていたけれど、私は出産を経て命懸けで自分の夢を叶えたんだと嬉しくなった。




まだまだ一緒にやりたいことがたくさんある。それを叶えていけること、そしてそれは平凡な毎日の中、当たり前の中でできるということが、嬉しい。

本格的な夏が来る。息子と初めて過ごす夏。きっとあっという間に終わっちゃう。だから、目の前に展開されているキラキラしたものをできるだけたくさん拾いたい。散歩はもちろん、小さな色んなことでも。


写真は、いつもの海と、遊歩道と、公園と、散歩の帰りによるカフェ。私はアイスカフェラテ、息子は家から持ってきた白湯。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/02

走れ



梅雨入りしているヨスです。朝起きると雨が降っている毎日ですが、止んでいる時間帯もあるので、ちょこちょこ息子と散歩しています。最近の日課は紫陽花探し。社宅内やいつものお散歩コースを歩きながら見つけた紫陽花を一緒に眺めてます。


もうひとつの日課はランニング。息子が寝て、夫婦で晩御飯を食べて一休みしたら、どんちゃんに家で待機してもらって私はジムへ。30分という短い時間だけど、毎日走ってます。

走るのは1年4ヶ月ぶり。妊娠中からずっと走りたかった!初日、イヤホンで音楽聞きながら、走り始めた瞬間、もうどこにでも走って行けそうな自由を、体全体で感じました。すぐにへばったけど。

ランニングの目的は健康というよりは、心のリフレッシュ。息子はかわいいかわいいの最上級だけど、育児は大変で、どこかで息抜きしたかった。運動は始めるまでが腰が重いけど、やって後悔はなく、物凄くリフレッシュできるから好き。

今日も走る、明日のために。明日も梅雨に負けず、今しかない息子との時間に思いっきり没頭したい。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ