My everyday life from Yeosu/여수/麗水, Korea.


2018/07/17

遠足



どんちゃんは「遠足」という言葉が好き。しかもよく会話の中で使われる。一週間のうち水曜日の夜から「週末の遠足、どこ行く?」と言い出し、木曜日に「週末の遠足のことだけど」と提案し、金曜日に「明日はパパとママとえんそくーーー」とハイテンションで息子を抱っこする。つまり三人でちょっとだけ遠出することが彼にとって遠足なのである。どんちゃんにとって週末の遠足こそが人生であるみたい

でも、遠足って響き、私も嫌いではなくむしろ好き。腹の底からワクワクする。最近は朝から天気が良い日が続いているので、洗濯物を干しながら遠足日和だなーと思う回数が増えたし、平日息子とバスなんかに乗ってちょこっと出かける時は「遠足だよー」と言っている。



そんな我が家の先週末の遠足は、隣町の順天市の山の中にある仙岩寺へ。ここ数年ずっと行きたかった場所の一つで、今回ようやく行けた。韓国仏教は排斥の歴史があるので、山奥にお寺があるところが多く、静かな観光名所となっている。



到着してまずは腹ごしらえ。麓にあるいくつかのお店の中から、山菜定食が有名なお店を選ぶ。川のすぐ横に広いテラス席が準備されていて、夏っぽさ満点。山菜定食はおかずが20種類以上並び、味付けも優しくなかなか美味しかった。特に唐辛子の和え物と野沢菜のキムチが美味。椎茸のジョンもふっくらしててお家でも再現したくなった。



食べたあとは車内でオムツ替えやら授乳やらをし、いざ出発。約1キロ強の川沿いを歩きながらの森林浴。木陰が気持ちいい。途中、川で涼みながらお寺へ。仙岩寺はお寺の屋根の先から見える深い緑の山と青い空が美しかった。四方を山に囲まれた静かなお寺。本堂ではソングル(五体投地)をするお婆さんたち、そして若い女の子もいた。テンプルステイをしている集団もいて、私も機会があればしてみたいなーと思った。夜はきっと星空が綺麗だろうから。息子も抱っこひもから出た足をぴょんぴょんさせながら、色々なものを眺めていた。一番テンションがあがっていたのは、私とどんちゃんが休憩がてら食べたコーヒーアイスに、だったけど。


今週はどこに行こうかな?避暑できるところがいいな。納涼もしたい。三人で遠足、今の私にとっても人生そのものな気がする。息子とどんちゃんと過ごす時間はとっても貴重たまらなく大切


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/16

きみは私ではない



赤ちゃんは生まれた時、目に見える世界は自分の一部だと思っているということをどこかで読んだ。病院の天井も看護師さんも、私もどんちゃんも全部自分。なるほど、自己がまだないから、そんな風に見えるのかと妙に納得。

毎日すごい速さで成長しながら、息子はまず自分の外枠を捉えているように思えた。自分に手がついてることに気づき、それを自分の意思で動かせることがわかり、蹴ったり寝返りを打ったりすることで、自分の重さや大きさを認識できるようになっている、ような気がする。

おそらく、すでに自分と世界は別のものだとは分かっているのかもしれない。では私のことは自分と全く別の人格であるこということに気づいているのかな?最近はそこに非常に興味が惹かれる。私やどんちゃんのことをどのように捉えているのか。

ただ、私が自分が望む通りに動かないと怒る姿を見ると、まだ自分の一部、しかもとても親しい自分の一部、だと思っているのではないかと、見受けられる。


きみは、私とは違う人間なんだよ。私ときみは全く独立している存在なの。私はきみではない。きみは私よりもずっとずっと特別で、尊くて、プレシャスな存在なの。と、毎日息子に語りかけている。


息子には私の知的好奇心を刺激させらっぱなしの毎日。育児は知的な行為でもあるから面白い。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/12

夏の散歩



ヨスに移住してから散歩が大好きになった。

読みかけの本を家から持ち出したり、今日は何を作ろうかと考えながら歩いたり、カフェでお茶をしたり。外を出歩くだけではなく、それによって得られる機会含めて散歩が好きだった。何よりも移りゆく季節を感じながら、自分を取り巻く環境の小さな変化を発見しながら歩くことがとても気に入っていた。



息子が生まれてから、ベビーカーや抱っこひもで、毎日散歩をしている。桜の蕾、花、風に舞う花びらを一緒に眺めた。雨の日は水たまりを覗いたり、曇りの日はブランコを漕いだ。薔薇の花や紫陽花、足元で忙しく動く蟻んこ、竹の中にかくれている鶯の声。時間帯によって変化する海の色。息子と散歩をしながら色々なものを一緒にしたり、見たりした



梅雨が明けた最近は、木陰に入り深く茂った葉を見上げたり、小さな丘の遊歩道を歩いている。歩きながら、妊娠中もここをせっせと歩いていたことを思い出した。その時、息子が生まれたら一緒に散歩をたくさんしたいと思ったんだったすっかり忘れていたけれど、私は出産を経て命懸けで自分の夢を叶えたんだと嬉しくなった。




まだまだ一緒にやりたいことがたくさんある。それを叶えていけること、そしてそれは平凡な毎日の中、当たり前の中でできるということが、嬉しい。

本格的な夏が来る。息子と初めて過ごす夏。きっとあっという間に終わっちゃう。だから、目の前に展開されているキラキラしたものをできるだけたくさん拾いたい。散歩はもちろん、小さな色んなことでも。


写真は、いつもの海と、遊歩道と、公園と、散歩の帰りによるカフェ。私はアイスカフェラテ、息子は家から持ってきた白湯。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/07/02

走れ



梅雨入りしているヨスです。朝起きると雨が降っている毎日ですが、止んでいる時間帯もあるので、ちょこちょこ息子と散歩しています。最近の日課は紫陽花探し。社宅内やいつものお散歩コースを歩きながら見つけた紫陽花を一緒に眺めてます。


もうひとつの日課はランニング。息子が寝て、夫婦で晩御飯を食べて一休みしたら、どんちゃんに家で待機してもらって私はジムへ。30分という短い時間だけど、毎日走ってます。

走るのは1年4ヶ月ぶり。妊娠中からずっと走りたかった!初日、イヤホンで音楽聞きながら、走り始めた瞬間、もうどこにでも走って行けそうな自由を、体全体で感じました。すぐにへばったけど。

ランニングの目的は健康というよりは、心のリフレッシュ。息子はかわいいかわいいの最上級だけど、育児は大変で、どこかで息抜きしたかった。運動は始めるまでが腰が重いけど、やって後悔はなく、物凄くリフレッシュできるから好き。

今日も走る、明日のために。明日も梅雨に負けず、今しかない息子との時間に思いっきり没頭したい。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/06/29

圧力さん


ここ最近、パンチャンの宅配を利用してます。ごく普通のパンチャン屋さんだけど、毎日SNSで日替わりおかずを写真でアップしてくれるので、忙しい中でもチェックしやすいし、携帯メールでさっと注文できるので気に入ってます。何より美味しい!


そこで食べた豚の背肉の煮込みが美味しかったので我が家でも作ってみた。まずは背肉を血抜きして、


テジカルビ用のヤンニョンと水を加え、圧力炊飯器へ


スイッチひとつで出来上がり。あとは鍋に移して、一緒にゆで卵を入れておくだけ。豚の背肉ってカムジャタンで使われるけど、カルビ用のタレで煮込んでも美味しかったです。

炊飯器がシューシューいっているの「圧力さんのおかげで、お肉柔らかくなるよー圧力さんがんばってー」と息子と見ながら言ってたんだけど、言い終わった時点で、圧力さんって何?と思いました。

そういえば、息子とお散歩ついでに、テニスコートでテニスを見ていた時も「わー、上手なテニスさんだねー」って言いながら、テニスさんって何?と思ったな、、、

色々なものに敬称をつけてしまうクセ。そのうちブログでも出そうで怖いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/06/25

サクッとソウル



定期的に来る「ヨスから脱出したい病」のため、週末はソウルに1泊で遊びに行ってきました。

赤ちゃん連れとしては移動時間が短いのが1番なので、車で2時間以上かかる釜山とかよりは、飛行機で50分で行けるソウルの方が楽(1歳頃になるとまた違うのかもしれないけど)あと、我が家は80円のお水を買うのもマイレージが溜まるカードを使っているので、KTXで行くよりも安く行けます。

ソウルでの目的は2つ。



まず一つは、부자피자というピザが美味しいレストランに行くこと。妊娠後期にどうしてもここのピザが食べたくて来たのだけど私は妊娠糖尿病で糖質制限中。断腸の思いで1切れだけを食べ、サラダでお腹をいっぱいにしたのでした。その時、無事に産んだら絶対にここにまた来て、ピザを1枚全部食べきるとドンちゃんに宣言。出産し7ヶ月を経て、ようやくまた来ることができました。

1枚丸ごとは食べれなかったけど(それでも6割は私が食べた)あの時食べたポルチーニ茸のピザを心の行くままに食べることができました。息子がいるので17時半に入店し、ささっと食べて、ささっとホテルに帰ったけれど、もう大満足。厳しい糖質制限をしていたあの時の私が、ついに成仏しました。

もう一つは、シャガール展。イスラエル美術館から来ている(シャガールはユダヤ人)との情報を得て、行ってきました。シャガールはインスピレーションの源泉にとても正直な印象があって、その源泉というのが子供だけが持っているイメージに近いなぁと、観るたびに思う。特に今回はイスラエル美術館所蔵なだけあり、旧約聖書に影響された作品がたくさんありました。それもやはり、小さい子供がストーリーを聞いて頭の中で膨らませた豊かなイメージという印象。こうゆうイメージを作る能力って小さい頃なら皆誰もが持ってたのに、大人になって言語を使うようになって消滅しちゃったんだよね。だからシャガールの絵を見ると、どこか懐かしくて切ない気持ちにもなります。今回も良かった!

赤ちゃんを連れてソウルをウロウロしてわかったことは、韓国の人って老若男女問わず、赤ちゃん大好きな人が多いなぁということ。ヨスにいる時から感じてたけど、大都会のソウルでもやはりそうだった。地下鉄では両側にいた若いお兄さんたちにたくさんあやしてもらい、強面なおじさんに席を譲ってもらった(妊娠中もおじさんが譲ってくれた!、レストランでも可愛がってもらい細かい気遣いもしてもらった。美術館でもスタッフから「何かあれば助けますのでいつでも声をかけてくださいね」と言ってもらった。きれいな授乳室やオムツ替え台があることもありがたいけれど、なんというか、韓国のこうゆう赤ちゃん大好きという社会の雰囲気の方がもっとありがたく感じる。

親としても気持ちよく、大きな負担なく、楽しめたソウルでした。



ーーーーーーーーーーーーー


蛇足で赤ちゃん連れソウルについての備忘録。誰かのためになればと思い書いておきます。



ホテルは3人部屋シングルベット3つ。予約するときに、ベットをくっつけて置いてと頼んでおきました。写真上。ベビーベットだと息子が寝ている時に柵にぶつかって起きてしまうので。足側に枕やクッションを置いて転倒防止。

ホテルでは物音がしても起きないように、息子が寝たらホワイトノイズをガンガンにかけてました。ホテルは1部屋が基本だから、寝た後の大人の行動に制約がかかってしまうから。我が家、普段からホワイトノイズにはかなり助けられていて、寝室は息子が寝る夜7時頃から翌朝の8時ごろまでずーっとホワイトノイズかけっぱなし。息子、ぐっすり寝てくれるし、大人は物音を多少立てても大丈夫だという余裕があるし、良いです。ホテルでも助かりました。

ホテルには浴槽があったのでお風呂は日本スタイルでやってみた。お湯をはって1人が湯船につかって、息子を洗って、もう一人がそれを受け取るスタイル。我が家はいつも、英国のお座り専用のベビーバスをメインに、ストッケで上がり湯、という2台使いのスタイルなので、日本スタイル楽しかった!



離乳食は上記なものを買ってみた。熱湯で溶かして作るお粥と、野菜と果物のペースト。家からは計量スプーンと普段から使っているので食べさせる用のスプーン、容器はジップロックコンテナの小さいやつを持ってきました(これ、電子レンジオッケーだし、蓋がラップ代わりにもなるから普段から愛用中)韓国の離乳食初めて買ったけれど、基本的に6ヶ月からのお粥はどれも牛肉入りなので、息子も牛肉を食べさせようと思いました。その国で暮らすなら、その国の離乳食に従った方が後々楽なんだな、きっと。食べてくれて助かった

ベビーカーでもソウルに行ったことあるけれど、今回は抱っこ紐だけ。結果、正解。ソウルは大人二人なら交互で抱っこする方がベビーカーより楽。ちなみに美術館では子連れが多く、セカンドベビーカーとして韓国で人気の中国ブランドのtavoをたくさん見ました

以上!



人気ブログランキングへ


2018/06/17

爪を切る


子供ができて、毎日毎日をこなしていくことがいっぱいいっぱいだが、自然に自分を客観的に考える機会が増えたきがする。それは息子の成長を通し自分自身も刺激を受けているからであり、自分の思い出を手繰り寄せて、自分の化けの皮を剥がしていくような少々辛い作業でもある。

その作業のことはちょっと横に置いておいて。

夜寝る前は、親になった自分を客観的に簡単に考えるにはもってこいな時間だと思う。日々クタクタに疲れているので、さっと考えて、さっと寝る。意外にも気づくことがたくさんあって驚く。

最近は、自分は、親として、どんなことをしている時に息子への愛情が一番深くなるのだろうと考えていた。息子に対して何をしている時に、一番、愛情を注いでいると感じられるのだろうと。

私にとってそれは、授乳をしている時でもなく、かわいい洋服を買っている時でもなく、コツコツと離乳食を作っている時でもない。息子にだっこをせがまれて腕がつりそうになりながら抱っこをしている時でもなく、かわいいかわいいと息子を抱き上げる瞬間でもない。それは、寝ている息子を起こさないように爪を切っている時だと思った

個人差があるかもしれないが、赤ちゃんは爪が伸びるのがとても早い。なので2日にいっぺんは爪を切らなくてはいけない。起きている時は切らせてくれないので、寝ている時に、小さな指先にある小さな小さな爪を切る。

なぜこの行為に愛情の深さを感じるのかといえば、一言で、とっても大変だからである。

ちょっと間違えれば傷つけてしまうので、そおっとそおっと。自分の背中を曲げて首を伸ばし極限まで爪に顔を近づけて。息を飲みながら、静かに、神経を使って爪を切るのである。

毎回首は痛いし、何より緊張する。できればしたくない。爪先なんて誰も見ないし、少しぐらい放っておいても大丈夫な気もする。でもやる。それは息子が清潔に人間らしく生活するためであり、息子の尊厳を守るためだからと考えるから。

また、なぜそおっとそおっと慎重に慎重を期し爪を切らねばならぬか、と問われれば、息子を傷つけたくないからである。自分よりも大事な存在だからこそ、指先にちょこっと傷ができるのも、絶対に許せない。

大変だけど、傷つけないように、そおっと優しく優しく爪を切るその行為は、かわいいと思うことよりも難しく、そのため深い愛情がなければできないことだと思う。


外から見れば、子供の爪を切るなんて当たり前のことであり、日々の当然のルーティンであるけれど、深い愛情と責任感がなければできないことだよなぁと、親になって気づいた。最近こんな風に色んなことに気づく。だからこそ、親である自分を客観的に考えることは意味がある。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ