My everyday life from Yeosu/여수/麗水, Korea.


2018/11/06

楽園の時代



朝散歩。息子は鳥の囀りに興味津々で音の源を探していた。鳥についてはまだ知らないけれど、知った時どんな反応をするのだろうか。自分が飛べないことを知って落胆してしまうかも。

そんな息子、鳥の囀りのような豊かな喃語でひたすらおしゃべりして、手を動かして何かを伝えようとしている毎日。


そんな息子の様子を見て、ふと、「人は幸運に恵まれていれば、言葉を覚える前に、言葉にならない音としぐさのやり取りを楽しむ楽園の時代を持つ」という一文を思い出した。鶴見俊輔『思い出袋』にて金鶴泳について書かれたところにある一文である。

金鶴泳はこの幸運に恵まれなかった、父親の暴力によって。鶴見はこのことと、在日朝鮮人作家たちが母国語ではない言葉で多くの優れた日本語文学作品を生み出したという事実を重ねている。章題は「使わなかった言葉」、さすが鶴見俊輔だなと唸る鋭さと眼差しの温かさである。


息子のこの楽園の時代ができるだけ長く続いて欲しい。ひらがなもハングルももちろんアルファベットもなるべく遅く習得すれば良いと思う。言葉を覚えたら、世界の見え方はまるっきり変わってしまうから。喃語でおしゃべりするこの特別な時期を、のんびり過ごして充分に楽しんでほしい


2018/11/01

美味しいものをたくさん



朝晩は10度以下になってきたヨスです。それでも朝のお散歩は欠かさず。寒くないようにたっぷり着せて、帽子も被らせて、社宅の林の中へ鳥の声や風に揺れる葉の音に敏感に反応する息子の姿が面白く、ついつい動画で記録してしまいます。今日は息子と何をしようかなぁ〜と考えながらのんびり歩く時間は自分がいかに世俗から離れ、神聖で貴重な時の中にいるのかということを実感させてくれるから好き。

週末はドンママとドンパパに会いにソウルに行ってきました。妊娠中からおばあちゃんの介護の問題があったのでドンちゃんの実家に泊まりは1年7ヶ月ぶりぐらい。息子はもちろん初。ずっと行きたかった。。。ドンママの料理を食べて、寝て、起きたらまた食べて、というのをしたかった(食い意地

久しぶりだったので、料理についても色々と教えてもらいました。実際できるか置いておいて、ここでちょこっとまとめておこうと思います。

①ドンママ的チヂミの美味しい作り方





この日は海鮮チヂミを作ってくれました。サクッふわっに仕上げるコツは生地。チヂミ粉は使わず、小麦粉にすりおろしたジャガイモを入れて、水とビールで伸ばして作ります。水とビールの比率は1対1

具材と生地は分けておいて、水っぽい具材ならば小麦粉を振っておくこともポイントです。余計な水は入れないようにとのこと。これ、息子のごはんに応用しようと思います。生地にビールは使えないけど、チヂミって野菜たっぷり取れるし、手掴み食べできるし。明日にもさっそく人参の千切りと玉ねぎのチヂミを作ろうかと企み中。こっちのニラは柔らかいからニラも入れてもいいなぁ。

手作りタレで頂きます。お醤油にお酢を入れて唐辛子をつけておいたもの。

②ドンママ的乾燥ナムル



この前実家の母が韓国に来た際にも作ってくれたドンママの乾燥ナムル。乾燥ナムルとはその名の通り、生ではなく乾燥させた葉のナムルで、スーパーにも色んな種類の葉っぱや野菜が乾燥した状態で売っています。これは江原道という地域でで買ってきたという葉っぱなんだけど、ドンママも名前を失念したみたい。香りが良くって美味しい。が、ものすごく手間がかかります。

手順として、水に一晩浸けて、茹でて、もう一度半日ぐらい水に漬けておいて、絞って、自家製醤油、出汁、ニンニクとすった荏胡麻、ネギを入れて揉み込んで、炒めて、最後に塩と荏胡麻油。石かよ!ってぐらい戻すのが大変な乾燥ナムル。目が離せない子供がいるので「あ、無理!」と思いました。

③とうもろこしご飯




朝ごはんに豆と一緒にとうもろこしご飯を炊いてくれました。プチプチの食感が美味しい!家でもやりたいなと思い作り方を聞いたところ、まず江原道の美味しいとうもろこしを取り寄せて、茹でて、冷まして、一粒ずつ削いで、冷凍しておく、という手順があるので「あ、無理!」と思いました。

④ピンクの水キムチ


写真に写っているピンクのものは水キムチです。ドンママの食卓には必ずのぼるおかずなんですが、今回は鮮やかなピンク色。これ、ビーツを入れたんですって。味は変わらないけど見た目、鮮やか。

あとは、圧力鍋で作るヌルンチ(おこげのスープ)の作り方とかも教えてもらいました。息子は大人と同じ硬さのご飯が好きで、どろっとしたものは食べなくなってしまったのですが、これはよく食べていた。消化に優しいので、ちょこちょこ食べさせてあげたいな。

お土産に業者の機械で直接砕いた椎茸の粉末や一つ一つ皮をとって蒸してくれた栗など、色々と貰ったので、さっそく息子のごはん作りに活躍させています。椎茸の粉末はかなり使えて、卵焼きや米粉の蒸しパン、牛肉ハンバーグやおやきに入れまくり


と、ドンママの料理を食べている時も、料理を教えてもらっている時も、お土産を貰っている時も、結局、頭によぎるのは、息子のごはんに応用できるか、使えるかということ。ドンママが私たちのために、一生懸命美味しいものを食べさせようと色々してくれる気持ちが、今なら痛いぐらい分かります。

息子にも美味しいものをたくさん食べさせたいな。

追記、ちなみにニラと玉ねぎと人参のチヂミを作ってみたのですが、良く食べてくれました。




にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/10/25

色んな音


ドンちゃんは毎日仕事を定時で終わらせ、弾丸のような速さで帰宅してくれます。それが18時半過ぎ。その時間までには息子すでに夕食もお風呂も済ませているので、就寝時間の19時半まではたっぷり遊べます。ドンちゃんと息子の至福の時間です。



私はその時間に大人の夕食を簡単に準備するのですが、最近ちょこっと参加。というのも、三人で一緒にする絵本の読み聞かせが楽しいから。

日韓で同じ本をセンテンスごとに読んでいます。私は日本語、韓国語はドンちゃんで。バイリンガル教育とかではなく、単純に面白いから。そして息子も集中してくれるから。同じページでも、音が全然違っていたり、でも似ていたり。あいうえおだけじゃなくって、世界には色んな音があって不思議で面白いよって。




上の写真の「でてこい でてこい」も好きだけど、韓国の子守唄の絵本である「새는 새는 나무 자고(邦題、ことりはことりは木でねんね」もすごく好き。リズム良く、愛情溢れる内容に沿う韓国画が美しくてうっとりします。日本語にも翻訳されていて、새をことりと訳しているがすごいなぁと思ったら、なんと松谷みよ子さんが翻訳されていた。さすがわ。とてもお勧めです。


日中は私といるので絵本は日本語に偏りがち。最近の息子は絵本を読み聞かせろ欲求がすごいです。自分で絵本を選び「え!(読め」と命令、ぶっ続けで読み聞かせ。同じ本を繰り返したり、ページを飛ばしたり、途中で別の本に移ったり。今日は45分間を3セットで、読み手は喉が痛くなりました。




そんな毎日なので息子が絵本をより取り出せやすくするための収納をよく考えています。普段は手に取れる小さめの本は箱に入れて、大きめの本は立てているのだけれど、息子の動線を考慮すると改善の余地あり。

我が家は基本2言語で生活しているので、息子との絵本ライフも2倍に楽しくなるといいな。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/10/17

冷たい風




週末は久しぶりに家族三人で遠足へ。行き先はヨスを成す一番大きな島の、一番南に位置する向日庵というお寺。家からは車で1時間。ヨス屈指の観光地。




そこでの景色も、そこで食べたご飯も良かったけれど、一番印象的だったのは道端で국화빵を売っていたおじさん。국화빵とは菊バージョンのたい焼きといったところ。ただあんこは日本に比べてかなりさっぱりめ。たぶん小豆を潰しただけでお砂糖は使ってないんじゃないかな。

3個で200円。その場で3つ作ってくれた。出来立ては熱々なのはもちろん、表面がさっくさくでなかがもっちもち。すごく美味しかった。二人で1つずつ食べ、残りは大切に取っておき、翌朝トースターで温めて二人で半分っこしたほど。

ここのおじさんが別れ際に「冷たい風が吹くようになったら、このパンのこと思い出してね」って言ってて、それがとっても粋があって、風情があって、すごく良かった。直接「また来てね」って言うのではなく「思い出してね」って言い回しがぐっとくる。

そして何より、韓国語の찬바람(冷たい風)という言葉が、日本語の「冷たい風」よりも、質感を伴って心に響いてくる。秋が深まり冬の訪れを教えてくれるツンとした風。韓国の短い秋が終わってしまう寂しさを感じるあの風。찬바람は韓国の四季を巡る思いが詰まっているなと、おじさんの言葉を聞きながら思いました。

韓国の市井の人々の表現や言い回しに最近惹かれることが多くなった気がする。息子にかけてくれる「美しい人」といった言葉とか。







ちなみに、ここでのお昼は海鮮パジョンと太刀魚の煮込み。見晴らしが良いところで食べたことも手伝って、とっても美味しく頂けた。特に海鮮パジョンは久しぶりにザ・クラシックなパジョンって感じで美味しかったな。太刀魚は骨が骨が多いから少し食べるのが面倒くさい。

来週の遠足は鶏のユッケを食べに行こうと計画中。実りの秋だもの、찬바람が吹く前に色々と食べ歩かないとね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/10/11

愕然とした


朝晩冷え込むようになってきたヨス。空も高く、空気も乾燥し、熱いコーヒーが美味しくなってきました。久しぶりに足を運んだ市場では、無花果の代わりに栗や柿が並んでいて、本格的な秋が訪れていることが分かります

先日約1ヶ月の日本滞在を終えヨスに戻ってきました。ヨスに戻る時は母も一緒に。有給を使ってくれて、約1週間一緒にのんびり過ごしました。



息子が新生児の時にお手伝いで来てくれた前回はどこにも行けなかったので、今回はちょこちょことお出かけしました。母と行きたかった順天の庭園博覧会の公園ではちょうどコスモスが咲き盛り。息子はベビーカーでねんねしてしまったけれど、その分ゆっくりコスモスを楽しめました。



美味しいものも色々と食べたなぁ。スケトウダラを生のまま干して煮付けたものが今回のヒットでした。




そうそう、ヨスに帰る際、台風の影響があり金浦でドンちゃんと合流し一泊したのですが、泊まったレジデンスにドンママが手作りの晩御飯を持ってきてくれました。緑豆で作るビンテットクやキムチチゲ、コギジョン、ナムルなどなど。どれも本当に美味しくて、母にもドンママの美味しい韓国料理を食べさせてあげたかったので、すごく嬉しかったです。ちなみに写真はアワビと椎茸と燻製卵のお醤油煮。ドンパパが7時間かけて卵を燻製にしたみたいで、味がしみて美味しかった。

それにしても実家では両親にたくさん助けてもらった。両親にとっては、寝てばかりだった時よりもハイハイするようになり、笑ったり怒ったりするようになった息子がもっと可愛いいらしく、とても可愛がってくれた。

掌中の珠のように息子を慈しんでかわいがる両親の姿を見ていると、自分も祖父母からこんな風に思われていたんだと愕然とする。何一つ分かってなかったって。いや、分かってたつもりだったんだけど。祖父母としてはそんなこと分からなくていいと思っているんだろうけど。こんなに愛されていたんだな。

でも同時に、息子が私の両親に歓びをあげているように、私も祖父母に良いものをあげることができたんだなーって思うと、自分って偉いなーっておもいました(爆

今日で母が帰ってしまった。見送りから帰る時、息子を抱きながらほろほろ泣いてしまいました。寂しくって。でも、またここで愛する人たちと生活を作っていく楽しみがあるから、メソメソせずに今しかない一度だけの毎日をしっかりと楽しんでいこうと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/09/20

2つの名前



息子の名前のイニシャルが刺繍されたポシェット買っちゃった。Kは日本の名前の頭文字。韓国の名前はHになって,どっちにしようかなぁって迷ったけど,Kにした。私もどんちゃんも日本の名前で呼んでいるから。KくんっKくんって。

息子の名前は1つだけど2つ。漢字は一緒だけど,日本と韓国では読み方が違うから。苗字は韓国ではどんちゃんの姓,日本では私のなので,全くの別人のような2つの名前を持っている。

日韓で読み方も共通の名前でも良かったんだけど,敢えて別々にしたのはわけがあって。先ずは,どっちも中国から伝承した漢字を持つ文化圏だけど国によって読み方が変わるのが面白いから,と考えるから。

そして名前は記号にしか過ぎないからこそ,2つの名前を持つことは,自分をメタ認知し易くなるのではないか,と考えたから。特にハーフとして生きる彼にとってそれは重要なことではないかと思うんだ。

息子の名前は日本だとジェンダーレス。男性でも女性でもどっちにもつけることができる名前。この1点で最終的に名前を決めたぐらい,ジェンダーレスってのは私の中で重要だった。生物学的な性は男性性だけど,心では自由に選んで欲しいから。

ちなみに韓国では同じ漢字だけど男性的な響きになるんだよね。でも韓国の名前も私は好き。どっちも大切な息子の名前。

次はHの刺繍が入ったなにかを買おう。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/09/05

3年手帳




日本に来ています。ヨスより暑いかなと覚悟していたのですが、意外にも過ごしやすく、息子もいつもより多めにお昼寝をしてくれます

プロジェクトや出張の関係でどんちゃんが忙しくなるので、私は息子とのんびりしようと帰省したのですが、私自身も大きな翻訳の仕事が入り、実家の父母に助けられながら、てんやわんやな日々を過ごしています。

そうそう、日本に来て始めたこと。育児日記を新しくしました。

息子が生まれてからずっと1日のスケジュールを1時間毎に書き込めるタイプのを使用してたのですが、授乳回数やおしっこやうんちのメモよりも、日々子供を育てる中で、具体と抽象を行ったり来たりしながら考え感じとることができる、育児や息子の中核を書き綴りたいなぁと思うようになりました。ちなみに3年手帳。1年後の今日は、2年後の今日は、と想像しながら夜ちまちま書いていると、息子との日々は永遠に続くものではなく、毎日終わりに向かっているのだな〜とも気づけるので、良きです。とっても切ないけれど。ずっと赤ちゃんでいてねって思っちゃうけれど。


しばらくは落ち着かないけれど、少しずつ日本での毎日を息子と共に楽しめたらいいな。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/08/24

絵本に出会い直す


最近、オノマトペやリズム系の絵本からストーリーがある絵本へ関心がシフトした息子。そんな息子が好みそうな絵本を色々と探している時、ついつい一緒に買ってしまうのが同じく自分が読みたい絵本。まだ息子には早いかなぁと思いつつ、いつか読めるし、何より自分が読みたいし、本にはお金を惜しまないという家庭で育ったこともあり、躊躇なくバンバン買ってしまっています。課金しまくり。絵本沼にズブズブ入ってます。





最近買った中で一番はイザベル・シムレールの「シルクロードのあかい空」という絵本。昆虫学者が新疆ウイグル自治区を旅するストーリーで、民俗学的視点から見ても面白いし、まるで蚕さんが出す糸のような壮麗な絵にもうっとり。



福島の民話をおさめた「猫魔ヶ岳の妖怪」という絵本も良かった。秋田の八郎に続き、地方の民話系の本を探している時に出会った本で、ストーリーは大人が読んでも切なく深く、変に教訓じみてない。絵も日本画っぽさがあって好きです。



安野さんの旅の絵本も。これは先月出た新刊ではなく、7で中国編。北宋の画家である張択端の清明上河図のパロディーです。最近読んだ安野さんのエッセイ「会いたかった画家」でも紹介されていたし、私も明代の仇英が描いた模写は本物を見たことがあったので買ってみました。息子が寝た後にペラペラとめくるだけだけど、生活風景が描かれていて楽しい気分になります。実家父も好きで何冊か揃っているので、帰省の時に持って帰ろうと企み中。




あと、韓国の絵本も購入しました。すいかのプール。これ、岩波書店から翻訳されて日本でも発売されている有名な絵本。読むと子供の際限ない自由で楽しい空想を体験できて嬉しくなります。本当に面白い!間違いなく、この夏のナンバーワンです。息子もどんちゃんの膝に座って楽しそうに読んでいるから良かった。これを機に韓国の絵本の世界も開拓しようと考え中。
ちなみに翻訳者の斉藤さんは、今韓国で売れているフェミニズム小説「82年生まれキムジヨン」の翻訳者でもあり、秋に日本で発売されるみたいです。これ読みたい。

昨日はイランの絵本も買ったし、絵が気に入った可愛い絵本も買ったので、早く読みたいし読んであげたいな。

絵本や本をたくさん読んで育ったし、読書は生活に欠かせない自分の一部だし、今までの人生を振り返ったら物語にたくさんたくさん助けられてきたので、息子にもそうであってほしいなぁとポワポワ考えています。日本語でも韓国語でもはたまた私が知らない言語でも、どんな言葉でも構わないから、本を読む楽しみを知ってほしいな。

と言っても難しいこともせず,力まず。自分が両親にしてもらった家庭教育を振り返り、自分がしてもらったことを息子にもしてあげつつ、今までの通り私が読書を楽しんでいればいいかなぁと楽観的に考えています



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2018/08/22

お義母さん


台風19号の影響で、生温い不気味な風が吹くヨスです。最近、日中は日差しは強いけれど、猛暑日と比べたら幾分過ごしやすくなりました。お友達とお互いの子供を連れてカフェに行き、抱っこ紐をして公園をぐるっとお散歩できるぐらい。

ドンママが羽を伸ばしにヨスに来てくれることになり、浮足立っています。ずっと来て欲しかったし、どんママも来たがっていたけれど、おばあちゃんの介護があったからなかなか来れなかったもんね。

お葬式の時、どんママの友人たちにも会う機会があったんです。その時は普通に挨拶しただけだったけど、後になってどんママからこんなことを聞きました。

「友達がね、とても良いお嫁さんを貰ったんだねって言ってくれたの!自分の母親を一生懸命看病してきたから、その見返りとして良いお嫁さんを貰ったんだねって

こんなことを言ってくれたどんママのお友達に感謝なのですが、何よりその言葉を嬉しそうに本当にそう思うって言いながら私に報告してくれたどんママを見て胸がキューっとなりました。自分をそう思ってくれることが嬉しいしいと同時に、どんママに何も出来ていない至らない自分が申し訳ないし。

そして、ものすっごく手前味噌だけど、結婚してドンちゃんが幸せであることをどんママは良く分かっていて、それが何より嬉しいからこそ、私のことをそう思ってくれているのかなって思いました。ママにとって、息子の幸せがまず一番にあるはずだから。私がちゃきちゃき働き、義理両親を敬う嫁かどうかなんて多分関係ないんだろうなぁと。実際、実家では朝は遅くまで寝ているし、眠くなったら勝手に寝るし、親戚の集まりでも甘やかされながら何も手伝わないし、ご機嫌に笑っているだけだし。息子の幸せを一番に思っているからこそ、こんな私をものすごく深い心で愛してくれているのだなと思いました。

そんなママが来てくれるのだから!ヨスの美味しいものをたくさんご馳走して、楽しく過ごしたい!そしてあわよくば、ママに息子を見てもらいながら、私とどんちゃんはゆっくりご飯食べたいなぁ(爆)なーんて。早く会いたいなぁ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ